テストと練習の違い②

  1. Home
  2. テストと練習の違い②

2012-01-11 11:04:47

カテゴリー:┣ 高校受験対策




 テストと練習は別

 目標点が60点の場合、40点分は切っていい。



 普段の勉強では、やや難易度の高い問題を多くこなすことはレベルアップに繋がる。

 1問に時間をかけてでも、1つ1つ納得しながら確実に知識を身につけていくことが大切だ。
 
 練習は、そのことを目的にしているのだから当然だ。



 けれど、その感覚をテストに持ち込むからよくない。




 テストは、今できることを解答欄に披露し、多くの得点をもらうゲームのようなものだ。

 難問が解けたって、簡単な問題をしくじっているようではこのゲームには勝てない。




 「40点取らなくてもよい」という開き直りが…

 コンスタントな60点の約束と、さらにその上の得点を与えてくれる。



 着実に60点取れるようになれば、次は70点、80点と取れるように練習すればよい。

 テストは練習ではない。





このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。




コメント(必須)