可能性を開花する方法

  1. Home
  2. 可能性を開花する方法

2012-10-11 21:08:41

カテゴリー:┣ お子さんへの手紙







君が持っている大きな価値…





どんな人にも、もちろん君にも、



その人にしかない大きな価値を持っています。





ほとんどの人が、そのことに気付いていません。



多くの人が、その価値を自分の外に求めます。 



でも実は、それは自分の中にあるんです。







自分の中に隠されているスイッチをオンすれば、



その人らしい豊かさ・楽しさ・幸せ…を必ず見出せます。





スイッチをオンする方法は、学習することです。 



学校での勉強だけではありません。





しかし、



それを通して身に付くことは、



とても大きなものです。





一回限りの人生で…



100%言えることがあります。





それは、人が必ず死ぬことです。



人は死に向かって生きています。







そして、当たり前だけど、



人生はやり直しがききません。







年をとった人(親や先生とか…)が



うるさいのもそのことを実感しているからです。





一回限りの人生です。



どうせなら…豊かに、楽しく、幸せに



生きた方が良いとは思いませんか?







その為には、その瞬間の幸せも良いですが、



少し先を考えた上での幸せも大切です。





どっちの幸せが良いか? 



…は、君が考えてください。 







君はどっちを信じますか?



①努力すれば成果が出る。



 そして、



  夢は必ずかなうという人がいます。







②努力しても無駄。



 だから、



  夢を持っても意味がないという人がいます。





少し先の幸せを考えれる人は①と言います。



その瞬間の幸せが好きな人は②と言います。







自分の将来は、



自分自身が決めることができます。



君はどっちを選びますか?





①君の中にある大きな価値



 素晴らしい力を開花させ、



 豊かに・楽しく・幸せに生きる





②瞬間のはかない幸せにとらわれて、



 貧しく・つまらなく・苦しく生きる







②のように生きている人は



 「夢や目標は意味がない」と言います。逆に…





①のように生きている人は



 「夢や目標を持て!」と言います。





君は夢や目標を持とうと思いますか? 



思うなら、読むことを続けてください。







「夢は?」と言われても、



「まだ決まってない」と言う人が



多いと思います。







でも、それは間違いです。





『夢=将来なりたい職業』



ではありません。





『夢=どういう状態になりたいか』です。





例えば、



「素敵な家庭を築く」

「豊かに…」

「楽しく…」

「幸せに…」とか…





将来の職業は、



その夢を実現するための



単なる手段です。





ただ、知っといて欲しいのは…







今はなくても、



将来なりたい職業を見つけたとき、



その実現に必要なのは、



積み重ねた学力です。





豊かに、楽しく、幸せに…



生きていく為には、



その前の努力=勉強が



絶対必要になります。







目標の本質…?





夢を実現するためには、



目標が絶対に必要です。







夢を目的地とすると、



目標は目的地までの



ステップ・経由地点だからです。





ステップが細かいほど、



より確実に目的地に



到着することが可能になります。





志望校合格も夢ではなく、



遠い大きな目標です。





その大きな目標を達成するために、



小さな目標を立てます。







夢や長期目標を達成するために、



その方向への小さい目標を



数多くクリアーしていきましょう。











~追伸~



子どもを変えるためには…



まずは親が変わる必要があります。。。









その詳細は



過去の記事でも書いていますが…







体系化した内容は無料レポートでご確認できます。



無料レポートはメールにてお届けします。







ご希望される場合、



以下のリンクから開くフォームから



メールアドレスをご登録ください。



登録されたアドレスへ無料レポートをメールでお届けします。






$『しあわせ子育て塾』 ~楽しい子育てで親子が共に成長するための知恵ブログ~







ありがとうございました。。。



このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。




コメント(必須)