悪いのは誰なのか…?

  1. Home
  2. 悪いのは誰なのか…?

2013-02-07 06:30:02

カテゴリー:② 成績アップ子の進化


 
同じテストで100点の子もいれば40点の子もいます。

 
世間では一般的に、



前者は頭の良い子・後者は頭の悪い子と呼ばれます。
 
 
 
でも本当は、頭の良し悪しは関係ありません。
 
日本語を普通に話している以上、ほとんど能力の差はありません。
 
 
 
そもそも、勉強って本当は楽しいものです。
 
 
 
初めて文字を読めたとき、
 
書けたとき、歌を覚えたとき、
 
足し段ができたとき…
 
 
誰だって幼い頃は、目を輝かせながら学習していたはずです。
 
 
 
ところが、あるときから授業がおもしろくなくなる。
 
そして、宿題をしなくなる。 
 
最後には、勉強が嫌いになる。
 
 
一旦そうなると、勉強が好きだった幼児期には戻れなくなります。
 
 
 
本人も親も悪くありません。
 
悪いのは、学校です。その仕組みを作っている国が悪いんです。
 
 
今の学校制度には致命的な問題があります。
 
 
 
そもそも人には「知りたい」欲求があります。
 
2・3歳頃の「なに?」「なんで?」はその欲求によるものです。
 
 
 
ところが、その素晴らしい欲求は、



学校によって完全に壊されてしまいます。
 
 
 
なぜなら、誰だってわからないときが来るからです。
 
それを納得できないままに授業が進めば、つまずいてしまいます。
 
特に積み重ねが大切な数学や英語はその傾向が強くなります。 
 
 
 
簡単な理由ですが、それを埋める事ができないのが今の日本の学校です。
 
 
 
わからないこと・できないことを持ち越せないシステムなら…
 
勉強自体を教える前に、勉強の取り組み方を教えるシステムなら…
 
個々の成長レベルに合わせて、それぞれの学習が進むシステムなら…
 
 
 
つまずくことなく「知りたい」欲求を持ち続けるでしょう。
 
しかし、今の学校はそうはなっていません。
 
 
 
今日の質問です。ぜひ、考えてみてください。
 
「成績で差のつく理由…?」
 
何だと思いますか?
 
 
 
それでは、また明日。。。



ありがとうございました。
 
 

 





~追伸~







子どもを変えるためには…







まずは親が変わる必要があります。。。



















その詳細は







過去の記事でも書いていますが…















体系化した内容は無料レポートでご確認できます。







無料レポートはメールにてお届けします。















ご希望される場合、







以下のリンクから開くフォームから







メールアドレスをご登録ください。







登録されたアドレスへ無料レポートをメールでお届けします。









$『しあわせ子育て塾』 ~楽しい子育てで親子が共に成長するための知恵ブログ~












  


ありがとうございました。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。




コメント(必須)