行動できない理由とは…?

  1. Home
  2. 行動できない理由とは…?

2013-02-13 06:00:03

カテゴリー:┣ 人の本能

 
 
行動できるかどうかは、

得られる結果とすべき作業のバランスで決まります。
 
 
 
楽な作業で大きな結果が得られれば

(1時間の勉強で絶対100点とれるなら)誰でも行動します。


 
逆に辛い作業で結果がでるか?なら

(10時間勉強しても60点くらい?なら)行動しません。
 
 
 
多くのお子さんが、この後者になっています。
 
 
 
どんな子だって、本当は勉強できるようになりたいし、

小さなやる気はいつでも持っています。

 
ところが、行動するとなると次元が違います。
 
 
 
この本質を踏まえると…
 
行動させる為に、「~やりなさい」と言っても意味はありません。
 
 
 
子どもに勉強させる為には、
 
1.勉強する理由やメリットを伝えて、結果に対する価値を高めるか
 
2.作業をシンプルに明確化して、作業に対する負担を軽くするか
 
このいづれかになります。。。
 
 
「成績≒体重≒貯金」
 
どんな意味だと思いますか?
 

 
また明日。。。
 
ありがとうございました。


 



~追伸~



子どもを変えるためには…



まずは親が変わる必要があります。。。









その詳細は



過去の記事でも書いていますが…







体系化した内容は無料レポートでご確認できます。



無料レポートはメールにてお届けします。







ご希望される場合、



以下のリンクから開くフォームから



メールアドレスをご登録ください。



登録されたアドレスへ無料レポートをメールでお届けします。






$『しあわせ子育て塾』 ~楽しい子育てで親子が共に成長するための知恵ブログ~







  

ありがとうございました。。。
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。




コメント(必須)