成績を上げる場所の究極形って……

  1. Home
  2. 成績を上げる場所の究極形って……

2014-02-22 16:04:24

カテゴリー:未分類

成績を上げる場所の究極形って……



まず大前提として……

勉強は誰かに教わるものではありません。



知らなかったこと、できなかったことを、

できるようにすることが勉強です。



何ができないのか、何で困っているのか、

本当はそれを学校の授業の説明で理解します。



理解したら、自習でスラスラできるまで練習します。

この部分が勉強です。



学校の授業で理解できないところがあれば、

本来ならば授業後に学校の先生や、出来る友達に質問するのが基本です。



それができない場合に、

塾を使うといいです。



ただ、学校の先生、友達、塾を活用して理解しても、

自習で練習しなければ意味がありません。



多くの人が犯す間違いとは、

質問しただけで満足して、その後の練習をしないことです。



だから、塾などの『成績を上げるための場所』は、

先生が教えるところではなく【自習ができる場所】であるべきです。



意識の高い人々が、目標達成のために切磋琢磨して、

自分の力で、学んだことを習得する=自学自習をできる環境。



それこそが『成績を上げる場所の究極形』だと思います。



今後は、教わって満足、という意識(無意識)を無くしていき、

『学び』と『習得』、つまり『教わる』と『練習する』をしっかりと繋げていきます。



ちなみに画像は、自習風景です。

『教わる』は始めだけ。『練習する』に重きを置くことが大切です。


このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。




コメント(必須)