★頭の良し悪しではありません。

  1. Home
  2. ★頭の良し悪しではありません。

2014-06-06 19:23:36

カテゴリー:未分類

★頭の良し悪しではありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━



【勉強で差のつく理由】



元々人が持っていた知りたい欲求は、

学校によって完全に壊されてしまいます。



そうならないためには、

小学生の間に自分で学ぶ力(習慣)を

身につけることが必要です。



しかし、ほとんどの先生は、

このことを教えません。



その場合、この習慣を、

家庭で身につけるしかありません。



教わることが当たり前でなく、

自分で学ぶ意識で、

自学自習の習慣があれば…



学校の授業で、

もしわからないことがあっても、

自力で学ぼうとします。



わからないことを、

先生や友達・親に質問したり、

自分で調べたりして、解決できれば…



つまずかずに、

翌日の一斉授業に

ついていくことができます。





中には、「自学自習」を

自然にできる子どももいます。



それがいわゆる

「頭の良い」と言われる子です。





「できる子」と「できない子」の差は

頭の良し悪しではありません!



単純に「自学自習」するかしないか。



つまり…

わからないときに、

自分で解決しようとするかしないかの

わずかな違いでしかないのです。



そのわずかな違いが、

中学生になると、

大きな得点差になります。



もし小学生のお子さんをお持ちなら、

自学自習の習慣をつけることが、

何より大切です。



中学生になって穴が見えだした後に、

修正するのはとても大変な作業となります。



━━━━━━━━━━━━━━━━━



【今日のまとめと宿題】



・勉強できる子とできない子の違いは、自学自習で“?”をいかに溜めないか。



・この自学自習の習慣をつけることが何より大切!



・“?”が増えてくと、勉強が嫌いになる。


このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。




コメント(必須)