【結果の出る学習法?】

  1. Home
  2. 【結果の出る学習法?】

2014-06-27 22:55:21

カテゴリー:未分類

【結果の出る学習法?】


その答えとは…


[テスト形式で勉強]です。


テストの点数とは

“できる”の割合です。

“わかる”と“できる”は違います。


“わからない”は

自分で気付きやすいですが、


“できない”は

テスト形式で勉強しない限り、自分で気付きません。


ほとんどの人は、

学校の定期テストで気付かされます。


テスト形式の勉強なら、

事前に“できない”に気付けます。


そこに気付いたら、

自分の“知らない”“できない”を

“できる”にするため勉強します。


そのための具体的な勉強法を、

以下で説明します。


————————————


・習った所のワークをその日のうちに

 ↓

・テスト形式(何も見ずに自力)で解く

 ↓

・わからない問題は飛ばして次へ

 ↓

・解答を見て丸付けをする

 ↓

・ランク付けの印を付ける


————————————


丸付けのときに、

丸付ける、答え書く、

だけじゃ意味無いです。


・“できる”

・“できない”

・“わからない”


これらがわかるように、

ワークの問題番号に印を付けます。

印の付け方は、


————————————


・“できる”⇒○

・“(わかるけど)できない”⇒△

・“わからない”⇒?


————————————


この「△問題」は、

解き方がわかっている分

タチが悪いんです。


「解けるから大丈夫」と、

「できる」つもりになります。


○と△が点数になると、

勘違いしています。


でも実際に点数になるのは○だけです。

○を増やすための行動とは、


————————————


1.?を質問して△にする[質問]



2.△を練習して○にする[練習]



繰り返し…


————————————


一般的な塾は、先生が生徒に

教えることがメインなので、

?→△にしかなりません。


ハイスタクラブは、

まずお子さんの?を解決します。


そしてそれを◎にするための

行動をフォローして、

理想の成績へ導きます。


正しい学習法をまとめると…


————————————


1.そもそも成績を下げる努力をしない


2.今習っている内容を、学校のワークを使って勉強する


3.テスト形式で勉強⇒スラスラできるまで練習する


————————————


この3つをしっかり守って、

コツコツ勉強していけば、

順位は確実に上がっていきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。




コメント(必須)