★実力テストの点数を上げる方法?

  1. Home
  2. ★実力テストの点数を上げる方法?

2014-07-11 15:46:54

カテゴリー:未分類

★実力テストの点数を上げる方法?
―――――――――――――――――

子どもの成績の悩みの解決法はコチラ
⇒ http://raku.in/5snus62

【定期テストと実力テストって違うの?】

ほとんどの人は定期テストよりも、
実力テストでガクッと下がります。

その2つのテスト、
同じ「テスト」でも全く別物です。
その違いとは…?



≪定期テスト≫

・狭い範囲から出題される
・学校の先生が問題を作る
・ある程度解き易く作られている(平均点高め)

≪実力テスト≫

・今まで習った範囲全てから出題される
・業者が問題を作っている
・平均点が低めの難易度で作られている(入試を想定している)

―――――――――――――――――

【得点できるようになるまで】

実力テストの結果は、
高校入試を考える上で、とても重要です。

実力テストで点数をしっかり取るには、
それぞれの単元を、

・短時間でスラスラ解ける
・答えまでの過程を人に説明できる

この状態=完璧にする必要があります。
完璧状態にするには、

①?わからない⇒質問して「△わかる」に

②△わかる⇒練習して「○できる」に

③○できる⇒人に説明、応用できる「◎完璧」に

④◎完璧

この流れで、
実力テストレベルの問題を
しっかり練習をしていきます。

人に説明することを前提に、
そのレベルまで繰り返して
勉強していくだけです。

ただし、今勉強して
すぐに得点にはなりません。

範囲が広い実力テストは、
点数の伸びがゆっくりです。

今頑張っている結果は
3ヶ月後にやってきます。

―――――――――――――――――

【野球でたとえると…】

いくら部活で頑張っても
プロ野球選手に
勝てる訳がありません。

でも、小→中→高校と、
部活を続けた先には、
プロの道が見えるのと一緒で、

繰り返し練習、という
シンプルの積み重ねが、
「完璧状態」を作ります。

―――――――――――――――――

【まとめ】

・実力テストは入試を想定して作られているため、難しい

・短時間で解けて、答えまでの過程を人に説明できる状態にする必要がある

・実力テストレベルの問題を「人に説明することを前提」に繰り返して勉強していくのがポイント

・範囲が広い実力テストは、頑張った結果は3ヶ月後にやってきます。

勉強してるのに成績変わらない?
登録でわかる親の悩みの解決法はコチラ
⇒ http://raku.in/5snus62

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。




コメント(必須)