★自然と勉強が得意になる方法

  1. Home
  2. ★自然と勉強が得意になる方法

2014-07-12 02:25:39

カテゴリー:未分類

★自然と勉強が得意になる方法

―――――――――――――――――



正しい学習習慣は小学生のうちに。詳しくはコチラ

⇒ http://ul.lc/4sc9



―――――――――――――――――



【1番大切=セルフイメージ】



自分に対して持っている思い込みを、

セルフイメージと言います。

これは誰でも持っています。



・自分の経験、今までの成功や失敗



・他人が自分にとった態度



・親や先生や友達など、周りの人からの意見



などによって無意識の内に、

セルフイメージというものが、

いつの間にか作られているんです。



そして、「自分はこういう人間だ」

という考えが、セルフイメージになります。



これが自分自身に定着すると、

そのイメージを真実だと思って、

それ従って行動するようになります。



セルフイメージが悪いと、

努力をしようと思っても…



・なぜか行動出来ない



・なぜか思うように体が動かない



・なぜか頭に知識が入ってこない



などの問題にぶつかってしまいます。



最初にセルフイメージが創られるのは

小学生くらいの年齢までだと言われています。



例えば、子ども時代に

こんな経験をしてしまうと…↓↓



・(やんちゃな為)「バカだなぁ~」という声を多く聞いている



・うちの子は勉強できなくて…の社交辞令のあとに、子へのフォローがない



・無茶をして失敗する事が多い(失敗を次に活かさない)



これらの積み重ねで、

いつの間にかセルフイメージが、



・自分はバカなんだ

・~~が苦手なんだ

・何やっても上手くいかない人なんだ



となってしまいます。



こうなってしまうと、

勉強が苦手(という思い込み)で

頑張る事が出来ません。



そしていつも、

「私はバカだから」という

言い訳をしてしまうようになります。



そのマイナスのセルフイメージが、

マイナスの行動を生んでしまいます。



勉強できないイメージがあるから、

勉強しようとしなくなる。



運動苦手なイメージがあるから、

スポーツをしたくなくなる。



などなど、

自分のイメージらしくない行動を、

一切できなくなってしまいます。



逆に、プラスのセルフイメージ…



・自分は勉強できる人なんだ

・~~が得意なんだ

・練習すれば上手くいく人なんだ



これらのイメージを持てば、

そのイメージらしい行動をするので、

自然と努力できるようになります。



セルフイメージは

小学生くらいまでに完成します。



ご家庭で、セルフイメージが

高まるような言葉かけを

してあげてください。



ハイスタクラブでは、

良いセルフイメージを持てるよう、

勉強面でサポートしていきます。



―――――――――――――――――



小学生から始める高校受験対策。詳しくはコチラ

⇒ http://ul.lc/4sc9



―――――――――――――――――

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。




コメント(必須)