★≪学べる数が100倍違う≫デキる人の授業の受け方

  1. Home
  2. ★≪学べる数が100倍違う≫デキる人の授業の受け方

2015-04-15 09:00:02

カテゴリー:未分類

★≪学べる数が100倍違う≫デキる人の授業の受け方

━━━━━━━━━━━━━━━━━



集団教育の場『学校』。

同じ先生から学ぶ場で、他と差をつける方法とは…?



~~~~~~~~~~



まず、良くない例を挙げます。

学校の授業で、



・ボーッとしている

・違うことを考えている

・どうせできない、と諦めている

・他人事だと思って座っている



学校の先生が授業で1を伝えるとして…

こんな場合、伝えられた1が、

0.5とか、0.1とか、最悪ゼロで終わります。



逆に、デキる人の授業の聞き方は、



・興味関心を持って、集中して姿勢よく聞く

・先生の意図を考えながら、相槌をうちながら聞く

・自分だったらこうする、のように当事者意識で聞く

・大事なところをメモしながら聞く

・メモをまとめることで知識をアウトプットする



こんな聞き方をする人は、

先生が話した1を、10以上で吸収します。



同じ先生から授業を聞いて、

得たものが0.1の人と、10を吸収した人。

その両者の差は、この時点で100倍です。



そして、勉強の成果は掛け算方式で

貯まっていくので、



例えば週3回の理科の授業があったとして…



・10×10×10=1000

・0.1×0.1×0.1=0.001



両者の差は、なんと100万倍。

一見バカバカしい計算ですが…



このように時間がたてばたつほど、差は開きます。

この積み重ねが上位者と下位者の差を生みます。



今や塾に通うのが当たり前、

学校の授業は難しい、わからない、が前提ですが…



一番大事なのは学校の授業です。

その本質を、このメールセミナーで知ってください。

http://raku.in/od9y5j6


このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。




コメント(必須)