職業ごとの平均月収・年収、生涯収入(医師、弁護士、サッカー選手…)

  1. Home
  2. 職業ごとの平均月収・年収、生涯収入(医師、弁護士、サッカー選手…)

2015-10-02 09:50:13

カテゴリー:未分類

ハイスタ小学生は9月、
職業学習、発表を通して
様々な職業について知識を深めました。

月収、年収、生涯収入…
興味深いデータが集まりました。
そのデータを紹介します。

asdf

<PR>

 

★大学ごとの生涯収入グラフ

asdf

・東大卒…3億円
・大卒…1.5億円
・高卒…1億円

・勉強だけが大切なのではない…とは言うものの、
・学校の勉強が将来の収入につながることがわかります。


★職業ごとの、収入ランキング

dghsrhs

・医師、弁護士は予想どおりすごいですね。
・大卒が高卒に比べ、比較的収入が高いことがわかります。

・また、スポーツ選手や芸能関係など…
・不安定な仕事の収入の平均値は低くなっています。


<サッカー選手VS医者>

サッカー選手と医者、
どちらもなるのは難しい印象ですが、
なりやすさ、収入…比べたらどうなるのか…比べてみます。


・倍率(なれる人/なりたい人)
 サッカー選手0.08%VS医者0.7%


・生涯収入(平均年収×平均実働期間)
 サッカー選手0.5億円VS医者4億円


1.サッカー選手
・サッカー人口630万人学年毎に20万人
・プロになれるのは年間160人
・10000人中なれるのは8人
・平均年収900万円×5年


2.医者
・医学系大学受験者各学年100万人
・医者になれるのは年間約7000人
・10000人中なれるのは70人
・平均年収1100万円×36年


・スポーツ選手は、選手生命が短いうえに、
・活躍するには実力とともに運の要素が強くなります。

・世界トップレベルの実力で、運も伴えば、
・一瞬で医師の生涯収入を越えますが…
・平均すると、年収800〜900万円だそうです。


・一方、医師は研修期間を除くと、
・60歳を定年としても36年間勤務
・収入も高い位置に安定している様子がわかります。


・上の表のデータだと、
・単に高学歴がたくさん稼いでいるように見えますが…
・実は、学歴社会はもうすでに終わっています。

・高学歴=高収入となっているのは、
・高学歴≒高学力だからです。

・本当に大切なのは…
・「高い学力>高い学歴」

・今は「学力社会」となっています。
・詰め込まれた学歴のみではダメです。

・大切なのは学ぶ力です。
・「知らない」を「知り(知識)」、
・「知識」を活用して「知恵」とする力…=学ぶ力です。

・ハイスタクラブは勉強を通して、
・この学ぶ力を高めていきます。


★英語が話せる人、話せない人の年収差?

sfdfsw

・左が英語ができない人、右ができる人です。
・その年収の差はなんと200万円。
・グローバル社会での英語の大切さがわかります。


こうして数字を出すのは、
あまりに生々しいかもしれません。

あえてこうしたタブー(?)的な部分を、
子どもたちに伝えることで…

今勉強することの大切さを
伝えていくことがとても重要だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。




コメント(必須)