【子どもが自分から勉強しない!】の対策

  1. Home
  2. 【子どもが自分から勉強しない!】の対策

2016-08-17 21:09:12

カテゴリー:未分類

テレビを見ていたり、
スマホをいじっていたり、
あるいは寝ていたり…

「勉強しなさい!」
と、つい言いたくなりませんか?

自分からなかなか勉強しない…
これを解決する方法をお伝えします。


【対策①】・・・・・・・・・・

勉強したら手放しに褒め認める!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

褒めるところがない!
なんて思うかもしれませんが…
探せば必ずあるはずです。

全体がパッとしなくても、
細かく見てあげるといいです。

教科を絞ってみてあげて、
「数学は点数が上がっているね」

教科の中でも単元をみてあげて、
「国語の漢字が全部かけているね」

頑張った過程を認めてあげて、
「漢字をしっかり練習してたもんね」

などなど、褒めるところを探す…
ココが大人にとっての勉強かもしれません。


逆効果になりがちなのは、
怒ってしまうことです。

だらだらしてたり、
机に向かっていなかったら、
「もっと…〜しなさい」

テストの結果を見て、
「ここが間違っている」
「なんでできないの…」


勉強してもしなくても怒られるなら…
段々に勉強をしなくなります。


【対策②】・・・・・・・・・

勉強する意義を腑に落とす!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

何のために勉強するのか…
しっかりと納得させることが大切です。

個人的に思う、
勉強したほうが良いワケは…

「新しいことを自分で学ぶ力が高まるから」

仕事も、遊びも、人間関係も…
どんなことでも、最初は誰でも「初心者」です。

それを人から、本から、ネットから…
学んで自分の力としていくことが、
人生においてとても重要となります。

中学校の勉強は、
そのための練習なのだと思っています。


ほどんどの子が言うのは、
「将来ゼッタイ使わないじゃん」という言葉。

連立方程式や世界史など…
確かに使いわないと思います。

しかし使わなくても、
学ぶこと自体が将来のトレーニングです。


【まとめ】・・・・・・・・・

【子どもが自分から勉強しない!】の対策は…

・勉強したら手放しに褒め認める!
・勉強する意義を腑に落とす!


そうは言っても、
簡単に子どもには響きません。

伝えるポイントがあります。
ハイスタの2週間体験で
この魔法のポイントをお伝えします。

お申し込みは、
以下のリンクからどうぞ!

登録はコチラ

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。




コメント(必須)