【受験生】県立高校の倍率…受け止め方?

  1. Home
  2. 【受験生】県立高校の倍率…受け止め方?

2016-11-02 22:40:33

カテゴリー:未分類

今日の下野新聞で、
現段階での県立高校の倍率が出ましたね。

重く受け止めずに、
軽めに考えるといいと思います。

志望校レベルの実力をつけて、
本番で発揮するという前提なら、
倍率は関係ありません。

参考までに、近隣の高校の
倍率をお伝えします。

大田原:1.16
大女:1.08
黒磯:1.51

黒磯南:1.23

拓陽普通:1.98
農業経営:1.50
生物工学:0.63
食品化学:1.10
食物文化:1.63

清峰機械:1.90
建設工学:0.88
電子機械:0.73
情報技術:1.45
電気:0.35
商業:1.05

さくら清修:1.44

黒羽:0.54
那須:0.36


まあ、例年通りですね。。。

倍率が出ると、
何人落ちてしまうのか、
という数字が出ます。

志望者を点数順に並べると、
定員オーバーしてしまうのは、
下位の人(ボーダー以下)の人です。

つまり…
倍率=落ちる人のための数字です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「普段通りの力を発揮すれば受かる」
という前提で考えれば、
受験において倍率は関係ありません。

倍率を気にするより、
受かるためのことをやり続ける
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これがが得策です。
倍率で精神状況を乱されて、
足を引っ張られてはいけません。


受験を極論すると…
合格/不合格の境にいる、
その1人に勝てばいいということ。

80人合格するなら、
81番目の人間に勝つこと。

受験はその他大勢との
戦いじゃありません。

受験者が81人だろうと、
1000人だろうと、変わりません。
81人~はボーダー以下です。


【まとめ】

・今から安全圏レベルへ点数を上げていけば、倍率は関係ありません。

・着地点(志望校)をどうこうするより、今やるべきことを続けるのが得策です。





情報戦を制す者が、
受験を制すと思っています。

まずは情報を手に入れてみませんか?
https://goo.gl/tjaxmh

アドレス入力→確定クリックで、
以上の情報をメールでお届けします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。




コメント(必須)