テストの点数が下がっていく原因?

  1. Home
  2. テストの点数が下がっていく原因?

2017-07-08 16:47:21

カテゴリー:未分類

★対策はタイムマシン学習法で…
━━━━━━━━━━━━━━━━━

一般的に、学年が上がるにつれて
勉強嫌いが増えて点数は下がります。
この原因と対策についてお伝えします。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【点数が下がっていく原因と対策】
━━━━━━━━━━━━━━━━━

成績がよくない子は、
心の中で諦めています。

「自分はどうせできない!」
「授業についていけない!」

無意識にそう考え、苦しみながら
アクセルとブレーキを同時に踏んでます。
 
 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

原因は学校の授業に
致命的な欠陥があるからです。

それは、
「真ん中くらいのレベルの生徒に
 合わせた授業をする」ことです。

一旦どこかで躓き、
理解ができなくなってしまうと、
永遠に置いていかれてしまいます。

最初は小さな遅れでも、
一歩遅れ、二歩遅れと…
どんどん取り残されていきます。

躓いてる事を認識させる仕組みも
躓いた子を救済する仕組みも
学校授業にはありません。
 
 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

たとえば、
・中学校1年生の英文法で躓いた
という状況でなれば…

それ以降の英語の授業すべてを
理解できなくなってしまいます。

つまり、
「できない事を強制され続ける」
 辛い厳しい状況になるのです。


その結果、自己肯定感を失い、
自分の能力に自信が持てなくなります。
 
 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

最悪の事態は、
親御さんの認識違いです。

このような子どもに対して、
・頭が悪い・努力が足りない
…と決めつけてしまう。。。

「おまえは頭が悪いな!」
「勉強が足りないんだ!」

こういう発言をしてしまうと、
子どもに刻まれてしまいます。
 
 
でも本当は、
どこかの躓きから停滞している
というのが真の原因なんですね。

別に、努力不足でも
頭が悪いわけでもありません。
それを知らされていないだけです。
 
 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「躓いた部分まで戻って、
 そこからもう一度学ぶ」

この勉強が、唯一の対策になります。
タイムマシンで過去に戻るわけです。
 
 
ハイスタでは、これを
“タイムマシン学習法”と呼びます。
 
 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ドラゴン桜で東大へ導いた桜木先生は
落ちこぼれの高校生たちに「小5算数」
に戻って学ばせました。

高校生といえども、
小学校5年生の分数で躓いて、
そこから理解できなくなっていた。

だから、
そこに戻ったのですね。
 
 
これはとても重要な点で、
多くの方が見落としています。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

もしお子さんが、

・計算が遅い
・国語の読解が本当に苦手
・同学年の生徒よりも勉強ができない

このような状況なのであれば、

まず意識すべきことは、
「焦らない」ということです。

能力がないのでなく、どこかで躓いて
そこから成長が止まっているだけです。

タイムマシンで過去に戻って
失われた時間を取り戻す。
 
 
長期休みだからこそ…
個別指導だからこそ…
タイムマシン学習法を進めます。
 
 
「自ら立つ為、共に勉めて、共に育つ!」
勉強のクラブチーム『ハイスタクラブ』
 
 
PS

個別×自習×一斉の長所を
組み合わせた学習の流れは…

1、ポイント理解(一斉&個別)
2、テスト形式で学習(一斉&自習)
3、”×”を”わかる”へ(個別&自習)
4、”わかる”を”できる”へ(自習)
5、テスト形式で確認(一斉&自習)

この繰り返しが全てです。
全ての要素を個別で進めると
ビックリする高額になります。
 
 
PPS

しないといけない事【宿題】に向き合って
一つ一つ躓きを潰していくことで
特別な事は不要になります。

そのための夏期講習
http://hi-end.pw/archives/3522

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。




コメント(必須)