ハイスタクラブとは?

  1. Home
  2. ハイスタクラブとは?

2016-12-31 17:06:11

カテゴリー:未分類

私は学生時代から
アルバイトも合わせると
25年以上教育業界に身を置いてます。

・大手塾&家庭教師の講師
・家庭教師協会のマネージャー
・時給12000円の個人の家庭教師
・フランチャイズ塾の経営コンサル

かれこれ1,000人以上の
指導に携わりました。
 
 
今、思い出しても…
家庭教師協会は、残念な組織でした。
 
 
教育でムダ遣いする家庭を
少しでも減らしたくて
ハイスタ始めました。
 
 
 
子どもの成績アップは
子の進化にはつながりません。
 
 
教育業を営んでいる
自分が言うのもなんですが…
 
 
子どもの学校の勉強は
大人になってからの幸せに
ほとんど関係ありません。
 
 
ハッキリ言って
子どもの成績の良し悪しに
親が振り回されることは
ナンセンスだと思います。
 
 
そもそも、しあわせを感じられる
子育ての目的ふたつは…
 
 
1.『育てる側が、
 父親・母親として人間的に成長すること』
 
 
2.『子どもを自立させ、
 しあわせを感じる力を身につけさせること』
 
 
 
この目的達成に
成績アップは必要ありません。
 
 
イイ高校・イイ大学・イイ仕事…
もはや時代遅れです。
 
 
子どもの生きる時代には
さらにハッキリすると思います。
 
 
もうそろそろ、親の意識
考え方を変えていく
必要があります。
 
 
詰め込み教育の意味が
ないわけじゃないけど…

塾にお金払ってまで
することじゃありません。。。
 
 
塾にムダなお金を
払わないでください。
 
 
今までのスタイルの塾に
もはや存在意義は
無いと考えています。
 
 
では、
子どもたちの仕事である
勉強を通して…
 
 
これからを生きる子どもたちが
身に付けるべき3つの力とは…
 
 
1.習慣力
〜〜〜〜
 自分自身を管理する力
 
 
2.分析力
〜〜〜〜
 色々なことを考える力
 
 
3.質問力
〜〜〜〜
 情報に溢れた今、
 的確な質問により
 適切な答えが得られます。
 
 
これらを身に付けるための塾通いには
意味があると思います。
 
 
が…
これらの力は他の誰かから教わるものでなく
親が伝え、本人で身に付けるものです。
 
 
子どもを変えるためには…
まずは親が変わる必要があります。
 
 
幸せだと言える親子を増やすために、
ハイスタクラブは情報提供をしていきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。




コメント(必須)