【6月3週_(中)】国語力強化で実力対策!

  1. Home
  2. 【6月3週_(中)】国語力強化で実力対策!

2019-06-20 23:01:07

カテゴリー:HSC@Otawara

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次>

〜〜〜〜〜〜
①今週の様子&テーマ
②まとめ&来週の進み方

━━━━━━━━━━━━━━━━━

①今週の様子&テーマ

↓様子の1分動画↓







 
 
テーマとして、
国語力強化を進めています。
 
 
今重点的にやっているのは、
夏休みの感想文の指導です。(土曜)
 
 
中間テストが終わった今、
今度は実力テストが待ち構えています。
 
 
実力テストは、定期テストとは
全く別物のテストとなります。
 
 
2,3か月間で習った狭い範囲だけが
出題されるのが定期テストで、
 
 
今までの全範囲から、
応用問題も交えて
出題されるのが実力テストです。
 
 
実力テストで多く得点するには、
普段から、様々なことを考えて、
それぞれを関連させて記憶している必要があります。
 
 
考える、関連づける…には、
国語力が必要になってきます。
 
 
国語がよくできる子は、
実力テストもよくできる傾向があります。
 
 
私はハイスタで、
全教科の指導に当たっていますが、
実は本当の専門は国語です。
 
 
なぜ専門に国語を選んだのかというと、
「1を聞いて10を知る人」…へ
導きたいという想いがあるからです。
 
 
小学低学年の頃、
私はあまり上手に話したり、
言葉を使うことができませんでした。
 
 
その頃は、何をやっても
人より下手くそで、覚えるのも
圧倒的に遅く、覚えられる量も少なかった記憶があります。
 
 
高学年になり、読書量が増え、
徐々に国語が得意になった時、

考えたり覚えたりするスピードや、
たくさんのことを覚えていられる
記憶力がかなり高まった実感がありました。
 
 
そこで私が氣づいたのが、
勉強で特に重要なのが「国語力」だということです。
 
 
なぜなら…

・学校の授業は日本語で説明されるし、

・頭の中で考える時は日本語で考えるからです。
 
 
本当に国語が得意で、
考えることが上手な人は、

その日授業で説明されたことを
頭の中で思考・復習できてしまいます。
 
 
思考は机がなくてもできるので、
それを勉強時間に加えるとしたら
数時間〜10時間だって勉強可能です。
 
 
あまり勉強してるように見えないのに、
成績がイイ人の脳内は、こんな感じです。
(もちろん、机上の勉強もしているでしょうが…)
 
 
国語力が高い人は、
そうでない人の倍以上、
頭を使って考えられます。
 
 
ハイスタで学ぶ子には、
そんな人になってほしいと思っています。
 
 
だからこそ、今は国語を
重点的に指導しています。
 
 
これは長い目で見ると、
実力テスト対策、受験対策になります。
 
 
中間テストの復習をしつつ、
今〜夏休みで作文指導や国語演習で、
論理力を鍛えていきます。
 
 
高い国語力が身につくまでには
かなりの時間がかかります。
 
 
しかし、それ自体が、学生時代〜人生を通した
今後の大きな伸びしろになっていきます。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━

②まとめ&来週の進み方


<今日のまとめ>
・定期テストと実力テストは別物です

・国語力が高い人は、実力テストがよくできます

・国語を鍛えるメリットは非常に大きいです

・〜夏まで、作文&論理力を鍛えていきます
 
 
 
来週は、中間テストや、
ハイスタのテスト結果などを踏まえて、

国語教科と並行して、この夏に
鍛えていく子別のテーマを
ハッキリさせていきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。




コメント(必須)