間違えた問題を大切に!

  1. Home
  2. 間違えた問題を大切に!

2009-09-07 12:09:14

カテゴリー:┣ 成績アップ法


問題集の答え合わせは、

「正解していることを確かめる」のではなく

「間違っているところを見つける」という意識で

臨む必要がある。





問題集を解くことに慣れてくると、

正解しているのが当たり前という感覚になってくる。



そこにストップをかけ、

あくまで間違っていないかどうかを

確かめながら採点しなければいけない。





正解を喜ぶのではなくて、間違いを喜ぶ。

間違いこそが力になってくれる。





そういうところまで意識して採点するのと、

そうでないのとでは雲泥の違いが生じる。



問題集自体、間違えているところを発見し、

それを修正していく働きを担っているものである。





間違えたところを次回にできてこそ、

学力アップが目に見えてわかる。










このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。




コメント(必須)