2種類の親子関係とは…?

  1. Home
  2. 2種類の親子関係とは…?

2009-09-15 18:46:39

カテゴリー:┣ 中学生の親向け


一般的な親子関係は

「結果(過去)を責める親と、責められる子供」

という関係です。




これは、業績の悪い会社の組織と同じです。

「結果を責める上司と、責められる部下」です。


これでは、「対立する関係」となります。





対立する関係で、

得たい結果は、まず得ることはできません。

どんどん悪循環となっていきます。




いつまでたっても、

よい成績を生まない家庭では、この関係が続きます。





しかし一方で、

ある結果の問題点を

次にどう活かすか(未来)に

焦点をあわせる家庭があります。




その関係は同じ目標を目指す「協力する関係」です。

そして、その関係は善循環を生みます。




あなたのご家庭は、対立・協力どちらの関係ですか?



この結果の受け止め方によって、

その後の子供の成績が違ってきます。




伸びる子の家庭環境は

「協力関係」の善循環であることは、言うまでもありません。




このことは、親子関係にのみ言える事ではありません。

全ての関係の本質だと思っています。



このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。




コメント(必須)