子供は喋りたい生き物

2008-01-17 18:10:13

カテゴリー:┗ 独り言(雑記)

教育雑誌に載っていた詩です。参考になると思うので紹介します。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 (前半部分省略)

人間、言い過ぎたと後悔することはあっても、聞き過ぎたと反省することはない。
まずはしっかり聞くこと。これがコミュニケーションの基本である。

そもそも子供というのは喋りたい生き物なのだ。
本当は親に向かってなんでも話したいのだ。

なのに、ちゃんと聞いてくれないから口をつぐんでしまう。
聞いてくれないどころか、説教されてしまうからウザイと感じてしまう。

とりわけ受験を控えた子供は話したいことをいっぱい抱えている。
そんな時に親からあれこれ言われれば、余計に混乱するに決まっている。

だから、何か言いたくなっても我慢して、ひたすら聞く。
それが親の役割だと思う。           尾池和夫氏(京都大学総長)

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

ルールを守る大切さ。。。

2008-01-16 17:02:10

カテゴリー:┗ 独り言(雑記)

この社会、ルールを守るってことで成り立っている。
車を運転するのだって、買い物するのだって何にしてもそう…


これは勉強にしたって同じことが言える。
計算には計算の、関数には関数のルールがある。

ルールを守るっていう意識が普段から希薄な子は…
勉強自体のルールにも意識が希薄なことは間違いない。

時間に遅れてくる子、忘れ物の多い子、提出物の期限を守れない子など。
こういう生徒が勉強できるようにはならない。

当たり前の事を、ルールに従い当たり前にできる力は…
とても大切な人間力だと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント