やり方(大学受験漢文①)

2009-10-27 12:44:22

カテゴリー:┣ 成績アップ法



漢文が苦手な人の共通点は、


「文章自体が読めない」こと。





これは非常に致命的です。







漢文の場合、


分からなくなった所まで戻って


もう一度一から復習することが一番の早道です。




それが中学校からの復習からでも構いません。





まずは、漢文の読み方を


しっかりマスターするようにしてください。




一点、二点、レ点などの読み方をマスターできたら、


中学生が使う問題集で理解度の確認。




ここでは完璧に満点が取れるようになるまで演習してください。








中学校の「漢文」が完全に理解できたら、


高校生の内容に入ります。




「漢文は難しい」という苦手意識を排除できれば


勉強にも前向きになれるはずです。










このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

やり方(大学受験古文⑤)

2009-10-26 12:36:46

カテゴリー:┣ 成績アップ法





問題集の使い方






文法を記憶した後は、読解の練習です。


これは英語同様に凄く大切です。









①制限時間を決めずに問題を解く




②品詞分解&全訳を書く




③答えあわせ&全訳の添削




④間違い&誤訳の理由検討


  (文法or単語or古文常識?)




⑤二度と同じ原因で間違えないように


  文法や単語、古文常識を記憶








 *特に④⑤の過程が最も大切です。









解説が詳しいものを選んだ方が良いです。




ちなみに、Z会の「古文上達

」という本が、


全文に品詞分解がついているのでオススメ。







なお、上記方法をきちんとやると


1問に大体2~3時間はかかります。




回り道のように感じるかもしれません。




古文の苦手な人であれば


偏差値を約1ヶ月で10くらい上がると思います。




普通に問題集を解いて答え合わせをするだけでは、


簡単には成績が伸びません。




ちなみに、このやり方は英語長文にも応用できます。




※既に古文が得意な人は


②~④の プロセスは時間の無駄になるので省略。









このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント