メールお問い合わせ
<メールセミナーで得るあなたのメリットは…>
毎日届くメールを読むことで、お子さんを、思い描く本来の成績にする方法を知ることがでます! 例えば… 成績の上げ方…? ・ 塾の活用法・選択法…? ・ 親の悩みの解決法…? … 親が知恵を得れば、子どもも変わります! もちろん無料です。絶対に登録してください!!!

【10月2週_(小)】小学生テストを受ける子って?

2018-10-12 00:36:15

カテゴリー:HSC@Otawara

ちょっと短い秋休みも明け、
いつもの平日が戻ってきました。

寒暖の差も激しく、
風邪をひいてしまった子もいました。

勉強も健康も予防が一番!

元氣なまま秋を過ごせるよう、
普段以上に気をつけていきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次>

〜〜〜〜〜〜
①今週の様子
②今週のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━

①今週の様子


先週と今週で、10~12月の目標や小学生テストの認識について伝えていきました。





【10~12月の目標】

7~9月の勉強の状況や過ごし方を踏まえて、10月以降の目標を決めていきました。

・身に付けるべき習慣
・自分のできるようにしたい単元
・学校テスト、小学生テストの目標


ハイスタの壁紙に書いて、自分の伸びしろを確認できるようにしていきました。










【小学生テストの認識】※音声有り

☆楽はしないけど楽しく受ける



小学生テストは、学校の普段の単元テストと比べると難しいです。

そんな難しいテストでも、まず一番は楽しむ。

テストの中から、自分ができそうな問題を探してチャレンジ!

できなかった問題は、後でできるようにするためにチェック!

向き合わないことが一番のマイナスです。

向き合ったら向き合った分だけ、自分の「できる」が増える。

増えた分だけ、楽しさも増える。

テストは苦しむものではなく楽しむものです。

テスト当日、自分のできる問題をより多く認識できるよう、引き続きディスカッションなどを通して取り組んでいきます。

※詳しくは音声にて↓






②今週のまとめ


・今期(10~12月)の目標⇒言語化
・小学生テスト⇒楽はしないけど楽しむ

来週は…
「小学生テスト(模擬)を使ってできるを増やす」

一度チャレンジしたテストの活用方法を確認。

内容の解決やテストの認識の強化しながら、小学生テストに向けた空氣をみんなで作っていきます。
 
 
 
PS.点数アップ≒氣づきの量アップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あらゆることに氣づいて、
それを改善していくことは、

点数アップだけでなく、
より良い人生にとって
重要なこととなります。
 
 
氣づきの達人エジソンを例に、
子ども達に語った内容が
動画で分かります。

興味のある方は、
ぜひ見てみてください。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

通知表の受け取り方?

2018-10-04 10:23:30

カテゴリー:① 子育てで親が進化

★感情的にならず、未来につなげる
━━━━━━━━━━━━━━━━━

返って来た通知表…
わが子への愛が強いほど、心配で
感情的になってしまうと思います。
 
 
どんな結果もぐっとこらえて
受け入れて次につなげることが大切です。
そのポイントについてお伝えします。
 
 

≪通知表を見るポイント≫

================


 
 
返ってきた通知表…
結果を見た親の反応が、
今後のお子さんの頑張りに影響します。

結果を見るポイントは…

1.通知表=担任からの手紙
2.マイナスを体で表現しない
 
 
1.通知表=担任からの手紙
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

絶対評価の通知表は、
能力の評価というよりは、
先生個人からの手紙に近いものです。
 
 
テスト結果や能力を
公平に評価したものじゃなく、
 
 
先生とよく話せるか、
好かれているか…の要素が影響します。
 
 
お子さんが先生とよく
コミュニケーションを取れていれば、
自然と評価は高くなります。
 
 
先生とあまり関わらず、
先生自身がお子さんを
よくわからなければ…その逆となります。
 
 
お子さんの学力を表すだけの
数値ではないので、あまり
神経質にならずに見てあげてください。
 
 
 
2.マイナスを体で表現しない
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

通知表を見たときの大人の反応を、
子どもは敏感に察知します。
 
 
親の期待値に達していないだけで、
頑張っていない子はいません。
 
 
信頼関係→いい結果、のためにも…
言いたいことは堪えて飲み込んで、
負の感情を表に出さないようにしてあげてください。
 
 
こうなったらいいのに、
お子さんのココを伸ばしたい…
 
 
と言うところは、アドバイスするより、
まず最初に褒めて、その気にさせるとイイです。
 
 
その気になった子どもは、
お説教、アドバイス…よりも、
ずっと良く行動します。
 
 
 
【まとめ】
・通知表=褒めるところ&伸びるところを見つけるものです

・やる氣への材料として使うとイイです

・過去志向(=対立関係)ではなく、

・未来志向(=協力関係)に!

・通知表→勉強能力で全ては判断されていません

・次も頑張ろう、と笑顔で見届けてあげてください
 
 
 
〜追伸1〜

通知表見方のポイントを、
Youtubeの動画でお伝えしています。


 
 
〜追伸2〜

例えどんなに悪い結果でも、
次に活かす視点でみれば…

それがあったからこそ、
最終的に良い結果に
持っていくことができます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント