メールお問い合わせ
<メールセミナーで得るあなたのメリットは…>
毎日届くメールを読むことで、お子さんを、思い描く本来の成績にする方法を知ることがでます! 例えば… 成績の上げ方…? ・ 塾の活用法・選択法…? ・ 親の悩みの解決法…? … 親が知恵を得れば、子どもも変わります! もちろん無料です。絶対に登録してください!!!

【6月2週_(中)】テスト=点取りゲーム

2018-06-07 17:50:13

カテゴリー:HSC@Otawara

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次>

〜〜〜〜〜〜
①今週の様子&テーマ
②結果の受け取り方?
③まとめ&来週の進み方

━━━━━━━━━━━━━━━━━

①今週の様子&テーマ




今週は「テスト=点取りゲーム」
…というテーマで進めてきました。
 
 
テスト本番では、
できる問題を見つけて、
点数を取ればいいのです。
 
 
例えば、10点分の難問にハマって、
時間がなくなってしまい、

本来できるはずの15点分を
失うのはもったいないです。
 
 
その場合、そういった
難しい問題、できない問題を
解く必要はありません。

(もちろん、テスト後の復習で
できるようにする必要はあります。)
 
 
とにかく本番までの短期間で、
意味のある勉強をするように伝えました。
 
 
少し頑張れば、
点数になりそうな問題は
授業の中でしっかり解説して…




 
 
わかるようになったところは、
自習も活用しながら、できるまで
練習を進めました。

 


 
 
テスト結果は、すぐに
どんどん返ってくると思います。
 
 
1,2年生は夏休みの勉強、そして
次の期末テストへ…
 
 
3年生は本格的に始まる
受験勉強へ…
 
 
気持ちを作っていく必要があります。
そのための結果の受け取り方…お伝えします。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━

②結果の受け取り方?


<受け取り方のポイント>

1. 微々たる変化に大人が気付き
  成功体験を演出する。

2. 引き続きPDCAサイクルを
  継続する→理想の状態まで回す。
 
 
結果を受け取る際の
大人の演出次第で、

「次のやる氣になる」
 or
「辛さのWパンチを食らう」
 
 
…テスト後の勉強に
大きな影響が出てきます。
 
 
詳しくはコチラでわかります。
興味のある方はご覧ください。
「テスト結果の受け取り方」
 
 
テスト後の勉強こそ、
本当に大事になってきます。
来週はそこをテーマに進めます。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━

③まとめ&来週の進み方


<今日のまとめ>
・テスト=点取りゲーム…不要な難問は無視

・しかし、テスト後の勉強でしっかりモノにする

・復習へ向き合える氣持ちを作るため…結果を大人が演出する
 
 
 
来週のテーマは、
「消化→吸収→昇華!」です。
 
 
中間テストで見つかった伸びしろを、
消化不良にはさせません。
 
 
しっかり向き合ってもらい、
消化→吸収…実力にしてもらいます。
 
 
テスト後の勉強をすることで、
新たな自分へと昇華できます。
そこへ向け…引き続きサポートしていきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

わが子を勉強嫌いにさせない方法

2018-06-07 17:06:15

カテゴリー:未分類


定期テスト、模試…
結果の受け取り方についてお話します。
 
 
親がこの認識を持っていないと
子は「辛さ×辛さ」のWパンチです。
ほぼ100%勉強を嫌いになります。
 

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【 結果の受け取り方 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここまで勉強してきてできた差は
簡単には埋められません。
 
 
お子さんががんばっているように
他の子もがんばっています。


勉強の順位って、イメージ的に
マラソンの順位に似ています。
 

 
ラストスパートはみんながんばるので
なかなか順位を上げられません。
 
 
マラソン同様、すでに差が大きいので
ほとんどの場合、微々たる変化です。
 
 
ある意味で当然の事なんです。
愚直に続けていくことで結果は変わります。
 
 
1. 微々たる変化に大人が気付き
  成功体験を演出する。
 
2. 引き続きPDCAサイクルを
  継続する→理想の状態まで回す。
 
 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【「辛さ×辛さ」のWパンチ】
 
 
ここで問題になってくるのが…
「勉強したのに思うような結果でない」
 
 
この「当然の事」を「当然」と
受け入れられない親の反応です。
 
 
子どものテストを見て…
・不快な顔をしたり
・「なにこの点数…?」
・「塾で何してるの…?」
 

 
親から否定的な態度をされたら
子どもは、とても辛いです。
 
 
思い描く結果に必要な
行動量に至ってないだけで…
全く勉強しなかった訳ではないです。
 
 
まずは、
「テスト勉強がんばった」
という事実を認めてあげてください。
 

 
これをやらないと、子どもにとっては、

『がんばったのに
 点数が取れなかったという辛さ』
 
 
に加えて、
 
 
『自分のがんばりが親に
 全く認められなかったという辛さ』

まで感じてしまいます。
 
 
「辛さ×辛さ」のWパンチです。
============

これはかなり、
精神的ダメージが大きいので、
勉強がイヤになってしまいます。
 

 
せめて親が「自分のがんばり」を
認めてくれれば、

「お父さんお母さんは、
 がんばりを分かってくれてる」

安心して次の勉強へ向き合う
ガソリン=大きな力となります。


 
 
勉強のクラブチーム
『ハイスタクラブ』
 
 
PS.

一般的な親子関係は
「結果(過去)を責める親と、
 責められる子供」という関係です。
 
 
これは業績の悪い会社と同じです。
「結果を責める上司と、
 責められる部下」です。
 
 
「対立関係」に発展します。
 
 
この関係で、得たい結果は、
まず得ることはできません。
どんどん悪循環となっていきます。
 
 
一方で、結果を次にどう活かすか
未来に焦点をあわせる家庭もあります。
 
 
同じ目標を目指す「協力関係」です。
そして、その関係は善循環を生みます。
 
 
結果の受け取り方によって、
その後の結果が大きく違ってきます。
 
 
もちろん、本番ギリギリまで
結果にこだわって準備します!
 
 
でも、本番終わってからも
結果にこだわっても意味ありません。
 
 
本番後は未来志向で
結果を次に活かしていきます。
 
 
 
PPS.

そうは言っても…
出た結果にこだわってしまう
親御さんはとても多いと思います。
 
 
大切なお子さんを思えば…
のことで仕方のないです。でも…
 
 
親が結果に怒ったとしても、
子どもは萎縮して対立関係になります。
 
 
未来志向だと、親自身の感情も荒れず
子どもとの協力関係につながります。
 
 
親の使う言葉で
子のやる気は激変します。
 
 
ぜひ結果よりも行動を
笑顔で承認してあげてください。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
結果に対する小言は
ハイスタにメールください。
描く結果に繋がる行動に導きます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント