栃木の高校にかかるお金の話

  1. Home
  2. 栃木の高校にかかるお金の話

2022-11-03 15:38:01

カテゴリー:HSC@Otawara

小中とは違って、
義務教育ではない高校。



かかるお金はどのように変わるのか、
県立と私立でどう違うのか…
この記事でお伝えします。

 

<目次>
【県立高校】にかかる費用
【私立高校】にかかる費用
【高校無償化】就学⽀援⾦

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
【県立高校にかかる費用】
━━━━━━━━━━━━━━━━━

・入学金…5,650円(入学時)
・授業料…9,900円(月額)

※他、制服代、生徒会費、PTA会費、教材費、修学旅行積立など…学校によって異なります

・授業料は、給食費がない分中学の学校費より安い
・ただし、お弁当の費用や労力はかかりますね

・一方の私立高校は、入学金で約20万円~
・授業料は約3倍値段が高くなります
・この後、私立の費用をお伝えします

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
【私立高校にかかる費用】
━━━━━━━━━━━━━━━━━

矢板中央
・入学金…100,000円(入学時)
・設備費①…150,000円( 〃 )

・授業料…32,000円(月額)
・設備費②…4,000円(月額)
・その他…3,350円( 〃 )

★入学時…250,000円
★初年度合計…722,300円
★年間授業料…384,000円

・・・・・・・・・・・・・・・

 

宇短附
・入学金…130,000円(入学時)

・授業料…24,000円(月額)
・設備費…22,500円(月額)

★入学時…130,000円
★初年度合計…688,000円
★年間授業料…288,000円

・・・・・・・・・・・・・・・

 

作新学院
・入学金…130,000円(入学時)
・設備費…120,000円( 〃 )

・授業料…33,000円(月額)
・その他…7,616円(月額)

★入学時…250,000円
★初年度合計…737,400円
★年間授業料…384,000円

・・・・・・・・・・・・・・・

 

※入学年度や学年により変動があります。

こうしてみると、県立よりも
遥かに費用がかかりますね。

ただ、高校無償化で
ご家庭の状況によって
国や県から支援があります。

「⾼等学校等就学⽀援⾦」
について、この後お伝えします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
【⾼等学校等就学⽀援⾦】
━━━━━━━━━━━━━━━━━

⾼等学校等就学⽀援⾦で
授業料は無償化されます。



例えば、年収目安が
590万円未満の家庭だと、
年間で396,000円が支給されます。

つまり、私立の授業料が
39万6,000円以下の場合、
「実質無償」となります。

※iDeCo積立など社会保険料控除を使うことで、590万円を上回る場合でも適用されます。

※詳しく知りたい場合は公式の資料をご覧ください。

https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/20220523_mxt-kouhou02-1.pdf

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
【栃木県独自の入学金減免制度】
━━━━━━━━━━━━━━━━━

県独自の入学金減免制度があります。

栃木県に住んでいる人で、
私立に通学するお子さんがいる場合、
世帯年収に応じて入学金の減免が受けられます。

例えば、
・年収約270万円未満世帯
→入学料支援70,000円(入学時)
→授業料支援上限3,3000円(月額)

・約350万円未満世帯
→入学料支援35,000円(入学時)
→授業料支援上限3,3000円(月額)

・約590万円未満世帯
→入学料支援70,000円(入学時)
→授業料支援なし

授業料支援は、国からもらえる
就学支援金の差額を補助してくれます。

詳細な条件などは、
栃木県のWebサイトでご確認ください。

https://www.pref.tochigi.lg.jp/b05/shigaku-syugakusien.html

 

この他にも

【各種奨学金制度】

【高校生等奨学給付金】…

様々な制度があります。

以上、高校にかかる
お金の話でした。

 

 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。




コメント(必須)