ハイスタお知らせボード【10〜12月の予定】

2020-10-12 22:00:46

カテゴリー:HSC@Otawara

この記事では、ハイスタの

企画などをお知らせいたします。

 

<10〜12月の企画>

・テーマ「成功体験→楽勉へ!」



勉強を楽しく習慣にするために、

成功体験はとても重要な要素です。

 

そのことについて、詳しくは

この記事の追伸にてお伝えします。

 

 

・中3生「実力&下野模試対策」



受験まであと約5ヶ月。

時間がなくなっていく中で、作戦を立て、

効率よく点数をアップさせていきます。

 

次の下野模試は11/1(日)です。そこへ向け、

約3週間(21日間)のスポット授業ができます。

 

 

・中1,2生「後期中間テスト」



11月頭の後期中間テストで成功体験し、

さらに次へのやる氣につなげます。

 

成功体験できるよう、作戦を立て、

行動をフォローし、小さな結果を

演出して、最終的に自分から動けるようサポートします。

 

そのための、約3週間(21日間)の

スポット授業にご参加いただけます。

 

 

・小学生「小学生テスト」



11/3(火・祝)にハイスタにて実施します。

申込みいただければ、無料で参加できます。

 

また、対策や復習のための授業、

3点セットがあります。



①事前に対策
②テスト本番
③個別で解説

この流れで
力をつけます!

 

それぞれ1日ずつ実施します。

残りの席は3席です。

 

<お申込み>

・中1〜3年生…<21day「成功体験授業」>

費用…¥13,900-

全国統一小学生テスト

・小学生…<小学生テスト3点セット>

費用…[無料]

 

ご希望の方は、以下のリンク先の

フォームからお申込みください。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=225201

 

 

<追伸1>

【能や歌舞伎の世襲率】が高い理由…?

聞いた話なのですが…

能や歌舞伎は、他に比べて異常に

世襲率が高いらしいです。

 

厳しそうな世界なのに、

意外に思いませんか?

 

私なら、辞めて自由になりたい!

なんて思ってしまいそうです。

 

最近ちょっと有名な子だと、

歌舞伎役者、市川海老蔵さんの長男の

堀越勘玄(かんげん)君などでしょうか。

 

現在7歳の勘玄君ですが、

しっかり八代目市川新之助を襲名しています。

 

能や歌舞伎の世襲率が高い理由は…

泣きながらでも必ず舞台に立たせ、

その後、拍手喝采を浴びることで、

 

幼少期から強烈な成功体験を経験して

楽しくなり、その世界から離れられなくなるから、だそうです。

これは勉強でも同じことが言えます。

最初は嫌々やらされていても、

成功体験で楽しくなっていきます。

 

勉強から離れられなくなる、

…は言い過ぎかもしれませんが、

 

嫌々じゃなく自分の意志で

勉強に向き合うことができるように、

 

10〜12月のテーマを

「成功体験→楽勉」として、

学習を進めていきます。

 

<追伸2>

能や歌舞伎の世界の子は、

泣こうが喚こうが、最初は

無理やり舞台に立たたされます。

 

しかし、そこで成功体験ができて、

お客や関係者、そして大好きな親から

大絶賛され、強烈に成功体験します。

 

それがあるからこそ、

楽しくなって抜け出せなくなります。

勉強も同様で、最初は

嫌でも何でもとにかくやらせます。

 

ゲームが〜スマホが〜と喚こうが、

とにかく強制する必要があります。

 

可哀想な氣もしますが、

そこで大人が折れたら、子の将来が

もっと可哀想なことになります。

 

しかし、その強制の先で

しっかり結果を演出してあげて、

強烈に成功体験をさせることで…

 

勉強が楽しくなり、

逃げ出さずに自分の意志で

向き合うようになります。

 

そういう結果へ導いていくのが、

ハイスタの今期のテーマになります。

 

<追伸3>

成功体験は、やる氣の

重要な栄養素となります。

 

歌舞伎でも勉強でも、

成功体験に必要なのは、

「大人の協力」です。

 

子供の頃の海老蔵さんも、

今頑張っている勘玄君も…

 

当時、周りの大人が上手に

良い結果を演出したからこそ、

今堂々と襲名、継続できています。

 

勉強も…最初は周りの演出が

必要不可欠となります。

 

お子さんとどう向き合って

いったら良いのか…

 

スポット授業等に参加された方には、

期間中のメールなどでコツコツとお伝えしていきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント