親のスタンス

2009-08-29 12:56:32

カテゴリー:┣ 中学生の親向け


①レッテルを貼ってはいけない

  「うちの子は出来が悪くて…」



②結果だけで判断してはいけない

  「こんな問題もできないの…」



③人格を否定してはいけない

  「お前はダメだ…」



④他人と比べてはいけない

  「お兄ちゃんはよくできたなのに…」



⑤やり方を教える前に叱ってはいけない

  「どうしてできないの…」



⑥目標を曖昧に立ててはいけない

  「勉強がんばる…」



⑦具体的な指示なく叱ってはいけない

  「やる気を出しなさい…」



⑧塾に入れただけで安心してはいけない

  「高い月謝を払っているのに…」



⑨短期間で成果を期待してはいけない

  「もう半年も通っているのに…」



⑩感情的な罰則を与えてはいけない

  「成績下がったらお小遣いなし…」








このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

成績を上げる方法⑨

2009-08-28 12:41:49

カテゴリー:┣ 中学生の親向け


⑨ 親の毅然たる態度


子育てについて、

人様の子のことをとやかく言うつもりはない。




どう育てようとぼくの知ったことではない。だけど、

少なくともぼくの塾に来ているからには、ぼくとも関係ある。




人間、周りの環境ってのはすごく大事。

勉強するにも仕事するにも遊ぶにも。




ぼくは生徒を「救ってあげたい」だなんて思っていない。

そもそも、人が人を「救ってあげる」だなんて、

おこがましいと思う。




ぼくはやる気のある子とだけ勉強したい。

そういう環境で一緒に勉強したい。





勉強に関して甘えている生徒には、

もちろん甘えをなくす方向でいく。





子供の勉強に対する甘え。

これは程度の差であって、仕方ないところもある。





それを塾としては、よい方向、つまり

成績を上げる方向性へ進んでいけるようにするのが仕事。

甘えが許されない、強制力が働くからこその塾だと思う。





だけど、それを親が阻んでいる場合がある。


子供が嫌がっても、大切なことだと判断したらならば、

無理やりやらせるのが親だ。




子供のいいなりになってる親。

それが子供の勉強をだめにする。




褒めるときは褒める。叱るときは叱る。



子どもが良い習慣を身につけるためには

親として毅然たる態度が必要になる。









このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント