メールお問い合わせ
<メールセミナーで得るあなたのメリットは…>
全3回のメールを読むことで、お子さんを、思い描く本来の成績にする方法を知ることがでます! 例えば… 成績の上げ方…? ・ 塾の活用法・選択法…? ・ 親の悩みの解決法…? … 親が知恵を得れば、子どもも変わります! もちろん無料です。絶対に登録してください!!!

【CAP】レポートについて

2021-10-04 16:58:22

カテゴリー:HSC@Otawara

目的地=本来



・小学生は、特別な希望がない場合、大高・大女高に上位合格できるレベルへ導きます。

・中学生は志望校に応じた、定期テストでの目標順位到達へ導きます。

・受験生は志望校合格へ向け、確認テストや模試系で基準点到達へ導きます。
 
 
 
【CAP】レポートの目的



・レポートの目的は、本来への道筋をハッキリさせることです。

・お子さんは自己分析したり将来を考えたりする機会に、

・親御さんは、親子間で目標などを共有する機会になります。
 
 
 
青ファイル=Googleマップ



・現在地、目的地、次の経由地…青ファイルで管理します。

・マップを元に【D】行動&【CAP】工夫していきます。

・その概要=【CAP】レポートです。
 
 
 
【CAP】レポート<【D】行動



・【CAP】レポートを意味深くするために、【D】行動が極めて大切です。

・【D】行動&【CAP】工夫が、本来への道を進むための両輪になります。

・【D】行動を見届ける<親の10分>は、お子さんの愛情残高をも高めます。
 
 
 
レポートの受け取り方



・ポイントは…『優しい目で全てを受け入れる』ことです。

・優しい氣持ちで肯定的にレポート受け取ってください。
 
 
 
三者で協力して『本来』へ!

・お子さんにはしっかり【D】行動してもらいます。

・親御さんはカレンダー(青ファイル)の見届けをお願いします。

・『子の行動』×『親の見届』×『ハイスタで確認』…のサイクルで本来へ近づけていきます。

・氣になること、ご相談は次回の金曜メールのフォームでご相談ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コメント

期末レポート(報告書)を書いています

2021-09-24 14:52:22

カテゴリー:HSC@Otawara

ハイスタは、7〜9月期を
「夏期講習」として進めてきました。
その期も9月末で終了です。

それに伴い、期末レポート(報告書)を
書き進めています。

来週に、お子さんを通して
お渡しできる予定です。

詳しくはこのあと
お伝えしていきます。
 
 
≪目次≫

1.連絡事項
2.期末レポート
 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1.連絡事項】
━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪9/25(土)⇒土曜学習≫

【小学生】…17:00~19:00

【中3生】…17:00〜18:25
【中1生】…19:00~20:25
【中2生】…20:30〜21:55

レポート(報告書)と照らして、
青ファイルで次期、月の作戦を管理します。
 
 
≪9/27(月)〜30(木)…休校≫

期の変わり目の
9/27(月)〜30(木)は
ピットイン休校となります。

授業回数はあらかじめ
調整されています。

 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2.期末レポート(報告書)】
━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

現在、2021年7月〜9月を振り返って
自己分析レポート(報告書)を書いています。

レポートは来週に
お子さんを通してお渡しする予定です。

レポートに取り組む上で、
7〜9月の行動と結果を振り返って、
次すべきことを考えることが大きな学びになります。
 
 
・学歴が高ければ良い
・どういう職業なら成功者… 

かつての日本には、
生きる上での「正解」がありました。

しかし、現代は多様性に溢れ、
また変化の激しさから、

誰から見ても「正解」と
言えるものがなくなっています。

正解を見つけたり作ったりするのは、
自分自身になってきます。

だからこそ、これからの社会は、
覚えるだけの勉強だけじゃなく、
「考えること」が大事になります。
 
 
ハイスタでは、期末のレポートとして
考えるテーマを用意しています。

将来のこと、今の勉強のこと、
次の目標へ向けどうするか…

レポートの取り組みを通して、
考える力をつけ、クセをつけていきます。

同時に、目先の勉強で
結果が出るように作戦と
行動につなげていきます。
 
それが結果的に、混沌とした社会でも
自分で本来を想い描いて、
近づいていく力につながっていきます。
 
 
そのためのツールが青ファイルです。
青ファイルで作戦や結果を管理し、
その期の総括としてレポートに落とし込みます。
 
 
誰かに見せる記録、報告書を
レポートと呼びますが、

ハイスタのレポートにおいて、
「誰か」とはお子さん本人です。

自分を振り返り、
自分と対話するためのものです。

お子さんが自分とどう向き合ったのか、
10月〜どのように学習に取り組むのか…

作戦の骨子など含めて、
レポートを通してお伝えします。

お手元に来るまで、
少々お待ちください。

 

 
 
「共に勉めて、共に育ち、自ら立つ」
勉強のクラブチーム『ハイスタクラブ』
  
 
 

コメント