親子の距離感

2014-04-28 13:52:35

カテゴリー:未分類

親子の距離感



親として、

・子どもに勉強させたいのか

・それとも成績アップして欲しいのか…



どちらも若干違うと思います。



本来、親が我が子に求めるのは、

『親が心配しなくてもいい状況』

だと思います。



いつまでも親に心配されている子どもは、

自立しているとは思えませんし、

幸せな人生を歩んでいるとも思えません。



勉強から交友関係まで何でもかんでも、

親が悪い意味で「過保護」だと、

自立は遅れ、親は心配になる悪循環になります。



中学生になれば勉強が大事なことは、

誰でも理解しています。



大事なのは、本人が子供から大人になるまでに、

自分でがんばろう、しっかりしよう、

自立したい、と感じるかどうかです。



遊びたければ遊べばいいのです。

それは自分に跳ね返ってくることですから…



それを止める権利は未成年の間は親にありますが、

社会に出てしまえば親は手出しができなくなります。



まずすべきことは、「勉強しなさい」より、

「何年後は面倒を見ないよ」と、

親が子離れを進めることです。



近付きすぎず、離れすぎず、

自立を促す距離感が大切です。


このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

子どもは素直ではない

2014-04-25 12:54:57

カテゴリー:未分類

子どもは素直ではない



自分の気持ちを、

素直に認めて表現できる子どもはいません。



叱ればふてくされ、

褒めれば調子に乗る、悪態をつく…



誰もがそうして育っていきますが、

それを忘れてしまった大人から見ると、

そのような不可思議な反応をします。



その反応の理由は…



ふてくされてしまうのは「悔しい」から。

褒められると調子に乗るのは「照れくさい」から。



成長の過程でだんだんと、

気持ちの発散が上手になってきます。



悔しい時には「悔しい!」と表現でき、

照れくさい時には恥ずかしそうな表情がで、

上手く気持ちを表現きるようになってきます。



感情の表現が上手い=素直といえます。

素直じゃないと感じるのは、表現が下手だからです。

子供の真意が見えないのは仕方が無いことです。



そこは割り切り、子供の表現力が高まってくると、

子どものホンネがつかめるようになり、

うんと育てやすくなるはずです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント